サンフランシスコ語学留学にかかった費用公開!

アメリカ留学を考える人 留学

このページをご覧になっているということは、サンフランシスコ留学に少しでも興味があって来て下さったのかと思います。

初めての留学・・・。

気になりませんか?

お金のこと。

  

今回は、実際にサンフランシスコに半年間の語学留学していた私が、留学にかかった費用を正直に!ざっくりと!?お伝えしていきたいと思います。

留学エージェントが教えてくれない現地での費用も公開するので、参考にしてください!

※あくまでざっくりなので、千円以下の細かい数字は切り捨ててます。

留学費用(総額)

ここはな
ここはな

はっきり言います・・・。めっちゃ高いです。

餃子くん
餃子くん

で・・・いくらなの?

発表します。

 

6ヶ月の語学留学でかかった費用・・・・

280万円

です。

事前にかかった費用

留学会社登録費用7万
授業料+ホームステイ料180万
ビザ申請費(代行)7万
航空券20万
片道送迎1万
海外旅行保険10万
合計225万円

留学会社登録費用

私は唐突に留学を決めたため、留学エージェントを吟味する時間がなく、留学業界では有名で、料金もかなり高いエージェントを利用しました。

 

ただただ料金が高いだけじゃなく、その分サポートや学校の設備もしっかりしていたので、結果的には高くても良かったと感じています。

ここはな
ここはな

留学フェアなどに行って、エージェントを比較するのも良いかも。

授業料+ホームステイ費用

授業は、1週間あたり26コマのコースを選択しました。

ホームステイは2人部屋で、平日は朝・夕2食、週末は3食付きのプランです。

 

授業数を増やしたり、1人部屋を選んだりするとその分料金は上がります。

 

ホームステイではなく寮という選択肢もあります。

ビザ申請費

私は学生ビザ(F1ビザ)をとって、アメリカに留学しました。

 

アメリカ大使館に支払う費用として、ビザ申請費用$160(約18,000円)、SEVIS費用$200(約22,000円)。(支払い時のレートを忘れたので大体です。すみません。)

これに加え、私の場合は留学エージェントにビザ申請をお願いしたので、ビザ申請代行費用として約3万円かかりました。

※SEVIS費用は当時より値上がりしていて、2020年4月現在で$350です。

 

ビザの申請は自分でやっちゃう方もいるかもしれませんが、私はエージェントに頼んで良かったと思います。

ただでさえ不安なのに、ビザ申請自分でやって余計な不安増やしたくありません。

 

でも、自分で申請したら確実に英語力が身につくし、何より大きな自信になると思います!

時間に余裕があるなら挑戦してみるのもアリかもしれません。

 

ただ私は配偶者ビザの申請の時にアメリカ政府の適当さを思い知ったので、今留学するとしても留学エージェントにビザ申請お願いすると思います・・・。

航空券代

当時は何もわからない&時間がなかったので、往復航空券の手配も留学エージェントにお願いしました。

大韓航空のエコノミークラスで20万です。

ここはな
ここはな

今の私なら、Skyscannerで往復8万円の飛行機探すのに。

空港送迎費

サンフランシスコの空港からホームステイ先までの送迎に1万円です。

 

これは頼んでいて良かったと心から思います。

 

初めての空港について、ゲートの出口で誰かが待ってくれてるって心強いです。

見知らぬ空港でタクシー乗り場探して、おっちゃんに住所伝えて、お金支払いしてってめちゃめちゃ大変ですもん。

海外旅行保険

結局使うことはなかったですが、これは必要経費ですね。

 

財布をすられた時に使えば良かったのに、面倒くさくて申請しなかったのをいまだに後悔しています。

現地でかかった費用

通学費(バス)4万
平日ランチ代12万
通信費3万
ロサンゼルス旅行7万
ポートランド旅行6万
その他20万
合計52万円

交通費

現地に着いたら、ホームステイ先から語学学校までの定期券を購入しなければなりません。

 

ミュニパス(Muni Pass)と呼ばれるバス定期券を利用していました。これが 約$60/ヶ月です。

バスに加え、バート(Bart)という電車も乗れる定期券だと$75程度でした。(サンフランシスコ内の路線のみ有効)

2020年4月時点、ミュニパス$81、ミュニ+バートパス$98に値上がりしています。

 


ホームステイ先と学校の往復にかかる交通費はホームステイ先によります

 

私のホームステイ先はたまたまサンフランシスコ内だったため、このミュニパスだけで学校に通うことができました。

 

しかし、サンフランシスコ内でホームステイしていた留学生はほんの一部です。

ほとんどの留学生はデイリーシティ(Daly City)というサンフランシスコの南にある町にホームステイしてました。

 

残念なことに、デイリーシティ内では先程のミュニパスは使えません

 

ホームステイ先からサンフランシスコに入るまではサムトランス(Sam Trans)という別系統のバスを使うことになります。

ということは、ホームステイ先〜語学学校の往復には、サンフランシスコ内で使えるミュニパス+デイリーシティ内で使えるサムトランスパスが必要ということになります。

サムトランスの定期券は1ヶ月あたり $65.60です。(2020年4月現在。)

(ミュニパス$81 + サムトランスパス$65.60)× 6ヶ月=$474.6

 


人によっては、ホームステイ先と語学学校の往復だけで、6ヶ月間で約5万円必要ということになります。

 

ここはな
ここはな

ホームステイ先がどこになるか、こればっかりは運です。サンフランシスコの家が必ずしも良いとは限りませんし・・・。

食事代

ホームステイの場合

ホームステイだと平日のランチは付いていないことが多いです。

 
となると、ランチは自分で調達することになるのですが、サンフランシスコの語学学校は大体が観光地にあるので、学校の周辺で食事をしようとするとご飯も全て観光地価格なんです。

 

チップが必要なレストランで食べると、ランチ代$20以上ということも珍しくありません。

なので、私はサブウェイでサンドイッチを買ったり、スーパーでサラダを買ったりしてました。それでも$7〜$10はします。

 

結構節約したとしても

$10 × 平日5日間 × 24週間 = $1,200

 


平日のランチ代だけで12万円以上かかります。

寮の場合

寮の場合は、食事が全く付いていないので、自炊もしくは外食することになります。

 

キッチンが付いているので、節約しようと思えば節約できますが、友達との付き合いで必然的に外食が多くなってしまうこともあるようです

ここはな
ここはな

自分の意志次第だね。

通信費

アメリカはWi-Fiが発達しているので、カフェやスーパーなど色んなところにWi-Fiがあります。

 

とは言っても、やっぱり携帯がないと友達との待ち合わせにも、調べ物にも不便。。と感じたので、私はアメリカの携帯ショップでSIMカードを購入しました。

 

SIMフリーのスマホを持っていれば、アメリカで購入したSIMカードに入れ替えるだけで、今まで日本で使っていたスマホが使えます

(SIMロックがかかっているスマホは、留学前に日本の携帯ショップでSIM解除しておきましょう。)

 

プリペイドのSIMカードであれば、使いすぎの心配をしなくても良いのでおすすめです。

1ヶ月$40〜$50程度で、通話・SMSし放題、10GBデータのプランが購入できます。

$45 × 6ヶ月 = $270


日本円だと、3万円前後ですね。

 

ここはな
ここはな

スマホが使えるだけで安心感があるよね!

アメリカ国内旅行

6ヶ月の間に、ロサンゼルス、ポートランドに旅行に行きました。

 

せっかくアメリカにいるんだから、是非色んなところに行きましょう!

自分が行きたいところに行けるように、計画的にお金の管理をしたいですね!

友達とのお付き合い

語学学校で出来た色々な国の友達!せっかくだから学校以外でも遊びたいですよね!

是非いっぱい遊んで下さい!話して下さい!

 

でもね、物価も高くて、アメリカの中でも比較的安全と言われるサンフランシスコ、、お金持ちの留学生が半端なく多いことだけは知っておいて下さい。(私の語学学校は特に多かった!)

ここはな
ここはな

自分でお金貯めて留学してたの私だけでした。

 

周りは、社長の娘・息子とか別荘持ってる子とか飛行機の座席はファーストクラスで留学来ちゃう子とかばかりでした。本当です。

 

私が留学してた時から約5年経ちますが、語学学校で出会った友達はほとんど就職してません。

まだ世界のどこかで留学を続けています。。

 

世界にはこんなに沢山お金持ちがいるんだと実感しました。

サンフランシスコに来ていなかったら、人生でこんなにお金持ちと出会うことなかったと思うので貴重な経験でした。

 

ここはな
ここはな

留学中に出会ったタイのお友達に会いに行ったら、運転手付きの車で迎えに来てくれたことがあります・・。(当時彼らは18歳)


一緒に遊ぶ時は、自分のお財布と相談しつつ上手くお付き合いしていきましょう

 

お金持ちだからって付き合えないなんてことはなくて、みんなすごく良い子です!!

まとめ

サンフランシスコ留学にかかった費用を“ざっくり”とお届けしましたが、いかがでしたでしょうか。

 

よくネットで見る情報は、アメリカ留学費用は半年で約100万〜400万円とアバウトなので、この記事がサンフランシスコの留学を考えている方のお役に立てれば嬉しいです。

 

現地で意外にお金がかかってしまう事も多いので、費用は少し多めに見積もっておいたほうがいいかもしれません。

 

ちなみに私は親に金銭的負担をかけたくなかったので、アルバイトで貯めたお金で留学に行きました。

アルバイトで留学費用を稼ぐのはすごく大変でしたが、私はサンフランシスコに留学して良かったと思っています!

英語を学ぶなら日本でも出来ると思いますが、留学に行くと語学力以外のこともたくさん得られます。

ここはな
ここはな

行きたい気持ちがあるなら、是非行動して下さい!!

餃子くん
餃子くん

熱いねえ・・・。

きっと、「行って良かった!」って思えるはずなので、少しでも興味があるなら是非挑戦して見て下さい!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました