超万能なシリコンバッグ『スタッシャー』保存〜調理までこれ1つ!

スタッシャーアイキャッチ画像 アメリカ生活

自宅待機令が出てから毎日自炊してましたが、そろそろ料理にも飽きてきました。

ここはな
ここはな

ラクして料理を作れる方法はないのか・・・。

そんな時に見つけたのが、「スタッシャー(stasher)」。

使ってみるととっても使い勝手が良く気に入ったので、記事を書いてみました。

スタッシャー(Stasher)とは

スタッシャーパッケージ画像

アメリカ・カリフォルニア州で誕生した「スタッシャー(Stasher)」。

シリコン製で繰り返し使用することができるため、使い捨てのプラスチックバッグの代用品として、エコを推奨する人たちの間で注目されています。

 

私は、サンドイッチサイズ(Mサイズ)を購入しました。

名前の通り、食パン(角食)がぴったり入るくらいのサイズ。

 

もっと大きいサイズや小さいサイズ、マチ付きのものまで色々あります。

カラーバリエーションも多いので、お好みに合わせて選べます。

食材保存から調理まで幅広く大活躍

スタッシャーパッケージ裏

従来のプラスチックバッグと違うのは、耐熱であるということ。

  • 冷凍・冷蔵可能
  • 液体保存可能
  • 電子レンジ使用可能
  • 湯煎調理・解凍可能
  • オーブンでの使用可能

-18°Cから250°Cまでの温度に対応しているため、食材の保存から調理まで幅広く利用することができます。

密閉可能なピンチロックシステム

スタッシャーピンチロックシステム画像

ピンチロックシステムという技術を採用していて、液体だけでなく旨味や栄養素も閉じ込めてくれるという優れもの。

 

中の空気をしっかり抜いて密閉すれば、使いかけの野菜も乾燥しません。

使いかけの玉ねぎや人参を保存してみましたが、ラップで保存するより新鮮さが長持ちするように感じます。

再利用できるので環境に優しい

スタッシャーの創業者であるキャット・ノーリは、何百年も土に還らないプラスチックを問題視し、繰り返し利用可能なこのシリコン製容器を開発しました。

 

容器はピュアナチュラルシリコンという素材でできており、これは主に砂や酸素などの天然のものから成っているとのこと。

 

私は、今までプラスチックバッグを使う度に捨ててゴミを出すことに罪悪感がありました。(勿体無いという気持ちも・・・。)

しかし、このスタッシャーは再利用可能なので毎回ゴミが出ることがなく、気持ちよく使うことができます。

ここはなオススメの使い方

おやつを入れたり、作り置きや残り物を保存するだけでなく、幅広い温度に対応しているスタッシャーならではの使い方があります。

私が実際に使ってみて、スタッシャーを買って良かった!と思った使い方を紹介します。

レンジでチンで簡単ヘルシー料理

スタッシャーなら電子レンジ使用可能なので、下味をつけてレンジで加熱するだけで簡単に料理ができてしまいます

 

サーモンを入れたスタッシャーの画像
シーズニング前です。

サーモン、レモン、ハーブ、オリーブオイル、塩胡椒をスタッシャーに入れて、冷蔵庫内で味を染み込ませます。

味が染み込んだら、スタッシャーごと電子レンジでチン。

これだけでサーモンのレモン蒸しの完成です!

ここはな
ここはな

加熱する時は少し口を開けてね!

 

蒸し野菜を作ったり、鶏ハムを作ったりレパートリーは色々。

玉ねぎやニンジン、中華麺を一緒に入れてレンジでチンすれば、蒸し焼きそばにも。

蒸すので余分な油を使わずヘルシーだし、旨味・栄養も逃げ出しません

  

ピンチロックシステムのおかげでドレッシングやオイルなどの液体を入れても漏れないので、下味付けやマリネにももってこいです。

簡単に料理を済ませたい時には、とっても重宝します。

袋のままモミモミして楽チン調理

柔らかい素材なので、袋に入れたまま食材を潰せるのもスタッシャーの良いところ。

 

茹でて潰して味付けして、意外と洗い物が出るポテトサラダもスタッシャーだけで作れます。

 

まずは、ジャガイモを入れたスタッシャーを沸騰したお湯の中に入れて(もしくは電子レンジで加熱)、蒸して柔らかくします。

ジャガイモが柔らかくなったら、スタッシャーごとジャガイモを揉み潰します。

マヨネーズ・塩胡椒を入れて馴染ませたら、ポテトサラダの完成です。

ここはな
ここはな

簡単だし、洗い物が少ないのが嬉しい!

 

他にもなどアイデア次第で色んな料理を作れます。

  • 卵サンドのフィリング
  • アボカドのワカモレ
  • たたききゅうり
  • クラッシュナッツ
ここはな
ここはな

柔らかくて丈夫な素材だからモミモミしても叩いても大丈夫なんだね!

餃子くん
餃子くん

離乳食作りにも良さそう!

キャンプで利用して負担減

私が一番おすすめするのが、余り物のご飯や余分に作ったおかずを冷凍して、キャンプに持っていく方法です。

 

事前にスタッシャーにご飯やカレー、牛丼の具などを入れ、冷凍しておきます。

 

キャンプの日の朝に冷凍庫から取り出して、キャンプに持って行きましょう。

冷凍しているので、クーラーバッグに入れれば保冷剤がわりに使えます

食べる際はお鍋にお湯を沸かして、ご飯入りスタッシャーとおかず入りスタッシャーを一緒に温めるだけ

ここはな
ここはな

レトルトカレーを温める要領だね。

 

キャンプで料理をしようとすると、準備から片付けまでとにかく大変ですが、出来合いの料理を持っていき温め直すだけだとかなり負担が減ります。

  • 料理道具を持っていく必要がなく、荷物が減る
  • 冷凍することで、保冷剤がわりになる
  • 現地で料理をする手間が省ける
  • 洗い物が少なくて済む(汚れた鍋を洗う必要がない)
  • ゴミが出ない
  • 時短になる
餃子くん
餃子くん

キャンプでリラックスしたい時には良いね!

食品以外にも使用可能

もちろん食品以外にも使用可能です。

ビーチで濡れてはいけない貴重品を入れたり、旅行の時に化粧品などを入れたり・・・。

しっかりした素材なので、簡単には破れなさそうです

スタッシャーの洗い方

洗剤をつけて手洗い、もしくは食器洗い機で洗います。

食洗機可能なのもスタッシャーのポイントの1つです。

ジップ部分が裂けてしまうことがあるので、洗う時は裏返しにしないで下さい。

乾燥中のスタッシャーの画像

口が大きくないので乾燥は結構時間がかかります

普通に置くと口が閉まってなかなか乾かないので、私はコップに逆さまに被せて乾かしています。

急いでいる時は、キッチンペーパーなどで中の水分を拭き取ります。

 

カレーを入れて少し匂いや色が残ってしまったことがありましたが、重曹でつけおきしておけば綺麗になりました。

天然の素材なので、匂いや色が残ってしまうことはあるようです。

気になる方は、使用後すぐに洗うことを心がけたほうがいいかもしれません。

まとめ

私はお試しでサンドウィッチサイズを1枚買ってみたのですが、想像以上に使い勝手が良かったのでもっと大きなサイズを追加購入予定です。

とっても便利なので、みなさまも是非試してみてください!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました